幸せな稼ぎ方

あなたの適正収入が分かる方法

 

 

これからはどうやら大変化の時代になるようですね。

法がどんどん改正され、先行きが見えない。

カオスになりそうです。

 

そんな激動の時代にどんな生き方をすればよいのか。

 

メンターがお話してくださいましたので

今日は私の経験とあわせてシェアさせていただきます。

 

健康でいられることが最優先

 

まだ35歳以下くらいの人たちにはわかりづらいかもしれませんが

40近くなり、50代にもなると

もう若い頃のようなタフさはなくなりますよね。

 

私も就職したての20代の頃は本当に元気で

アフター5も友人と食事へいったり、

スポーツジムへ週3で行っても大丈夫なくらいに体力がありありました。

 

しかし今45を過ぎ、病気もしたりして

すっかり無理がきかなくなりました。

 

人生100年時代は、健康寿命を伸ばすことが大事です。

これは老後だけのことでなく、

中年期にも言えることだと思います。

 

そして、若いときでも首コリや肩こりから

深刻な病を引き起こすこともあり、

無理をしすぎないことはどの世代においても大切なのではないかと

思われます。

 

 

若い頃や中年期に無理をして体を壊したら

そのあとずっと影響があるかもしれません。

 

私もその一人です。

 

病気をして以来、フルタイムで働ける体力がなくなり、

ずっと非正規雇用で厳しい生活を送っています。

 

しかも非正規で短時間勤務にもかかわらず、

すぐに疲れたり体調が悪くなるので

無理もできません。

 

誰にでも一日24時間与えられていますが、

私はまともに動ける時間が他の人よりも極端に少ないので

なんだか人生損している気がしています。

 

病気になったりすると同じ24時間があって

それを有効活用ができなくなるっていうことなんです・・・。

 

自由な時間がたとえ一日に8時間あっても

不健康だとそれをフルに有効活用できない、

2時間しか動けない、

という感じになってしまうんです・・・。

 

頑張りすぎると病気やうつ病になる

 

スマホやパソコンで楽しんだり

仕事をしたりする時間は

一日に4時間以内にしたほうがいい

とメンターはおっしゃっています。

 

そして週に4日程度におさえたほうがいいともおっしゃられています。

 

土日休んで、あとは週の真ん中の水曜日あたりにも休めると

理想的だということです

 

確かに私もそのくらいの労働だと

疲れずに楽しく過ごせるようになります。

 

日本人って働きすぎですよね

 

労働生産性が悪すぎます。

 

長時間働かないで

もっと頭を使って短時間で利益を出していくことに注力したほうが良さそうです。

 

ましてや、パソコンの仕事っていうのは

頚椎をやられることがあるそうです。

パソコン仕事を一日中やっていると

うつ病にもなるということです。

 

頚椎をやられると

そこからうつ病になる人もいらっしゃるようです。

 

専門のお医者さんがそのようにおっしゃっているようです。

 

首が痛くて不快な症状が一日中続けば

それだけで気持ちは落ち込むかもしれませんが・・・。

 

頑張り過ぎは健康を害するだけ

 

中年になると感じる方も多いかもしれませんが

疲れがなかなかとれないようになりますね

 

私も以前に物販ビジネスで

ひたすら労働をして努力と根性で頑張りましたが

何度も体調を崩しました。

 

はっきり言って

中年になって

長時間労働でお金を稼ぐのはやめたほうがいいです。

 

とくにパソコンの長時間労働は

私も何度も体調を崩しました。

 

そんなことを積み重ねていっても

いつまでたっても幸せにはなれないなと

気づきました。

 

そして、その思いが

メンターの波動と一致したのか

メンターの発信を引き寄せました。

 

メンターはいつもこうおっしゃいます

「ゆる〜く、らく〜に、肩の力を抜いて、体を緩めて仕事をしましょう」と。

 

まさにそのとおりで、

私もそのような生き方にシフトし始めており、

結果、今はまだビジネスでの収入は無いものの、

心身の幸せにつながってきました。

 

沢山稼いでも意味のない時代

 

生活に必要な額は

自分の身の丈にあった額ならば

そのうち自然に稼げるようになるのだと思います。

 

メンターも、自分に合った適正な収入を目指してください

とおっしゃっています。

 

私のような心身のあまり強くない人は

月収100万とか、

年収1000万とか無理して目指さなくても

 

普通に生活できる月収35万程度を得られたら

それで十分なのです。

 

不労所得で・・・。

 

実際、それ以上稼いでも

遊ぶのも特に興味ないし

贅沢も興味ないし

人付き合いも少ないから

 

そこまで私もお金が必要なわけではありません。

 

ただ、親の介護や自分の老後の暮らしに必要な生活費が得られたら

それでいいんです。

 

自分を高め続けるための

自己投資に多少のお金はほしいけれど

何百万もいらないんですよね。

 

最近は映画も定額でたくさん見れるし、

定額制の外食なども出てきていて

あまりお金を必要としない時代になるようです。

 

沢山稼いでも増税で国に収めないといけない額が増えており

そこまで大金を稼ぐことに意味を見いだせなくなっているとのことです。

 

メンターはそのあたりまでご理解され

私達に伝えてくださっています

 

健康に、体の力を緩めて、ゆる〜く働いてきましょう

 

これからの時代は、稼ぐ稼ぐというよりも

 

健康第一で

のんびり幸せに暮らしていくのが一番幸せであると

メンターはおっしゃっていますし、

 

私もそんな生き方を目指して日々地味に

学びつつ生活しています。

 

こんな生き方に幸せを見いだせたら

結構それが今のトレンドになるのかもしれませんね。

 

お金よりも自由な時間と健康を得て

身の丈に合った暮らしをするのが

賢い大人の生き方なのかなって思っています。

 

 

 

 

私のおすすめ教材集

-幸せな稼ぎ方