心に優しい心理学

浪費をしない幸せマインド

 

 

以前は疲れがたまるとスパへマッサージしてもらいに行ったり、カフェやレストランでお茶してました。

 

さらにストレスコントロールが効かなくなってくると北海道内へ旅行へ行くこともありました。

 

それでもだめなときは貯金をはたいて、東南アジアへ質素ではありながらも海外旅行へ行くことがありました。

 

もちろん質素な旅行ではありましたが、それでもやはりなんだかんだで万単位のお金がかかります。

 

そして、そんな大枚をはたいて行った海外旅行先でも私は癒やされなくなり、疲れるようになってしまったのです。

 

スパも、30分3240円のところへ行っていたので、それって積もり積もればかなりの金額ですよね。それに、時給800円の人が半日働いて稼いだお金がたった30分で吹っ飛ぶ金額なわけです・・・。

 

今の私にはそんな余裕はないのに、贅沢な話でした。

 

スパのマッサージは直後は癒やされます。

けれど、それって本当に一時的でコスパも悪いですよね・・・。

 

何やっていたんだろう・・・。

 

でも、この数ヶ月病気をしていた間は、確かに体調は辛かったですが、なぜか心が静かになって、浪費しなくなったんですよね。

 

そして、ある程度病気が治った今もあまり浪費しなくなりました。

 

仕事帰りに疲れたから、ちょっと気分転換でカフェへ寄ってお茶、っていうのは全くしなくなりました。

 

家でお茶入れて飲んだほうがずっっと幸せです。

 

週末はカフェで本を読んだり、仕事をすることがありましたが、なんだか気が散って疲れるので、それも全くしなくなりました。

 

外お茶って、なんでみんなするんだろう。

 

私はそこの空間や時間に、癒やしや気分転換を求めていたのですが、

今振り返ってみると、別に癒やされないし、気分は変わるかもしれないけれど却って周りに気を使って疲れていた気がします。

 

なんだったんだろう・・・。

お金もかかっていたし・・・。

 

帰宅して、自分の部屋に入ればそこはもう既に癒やしの空間。

 

誰にも気を使わず、静かでプライバシーがしっかり守られている。

 

こんな価値ある空間が、自分には見えていなかったのかもしれません。

 

私の部屋には、小さな電気のポットが置いてあるので、簡単にお茶を淹れることができます。

キッチンに立つ元気もなければ、部屋で簡単にお茶を淹れることができるわけです。

 

 

外で周りに気を使いながらお茶するくらいなら、何か好きなお菓子でも買って帰って、部屋でゆっくりすればよかったじゃん・・・。

 

って思います、今なら。

 

そして、部屋でインスタントのですけどコーヒーを淹れて飲んでいると

すごーく幸せ感じるようになったのです。

 

マインドが整ってくると、お金をかけなくても自分の身近なところで十分に幸せになれる。

 

なんて幸せなことなんだろうって思います。

 

 

話を浪費のことに戻しますが、とにかく小さな浪費をたくさんしていた気がしています。

 

それが最近は減った理由としては、やはりメンターから学んでマインドが整ってきたからじゃないかなと感じているのです。

病気になったとしても、マインドが整っていなければこんなに変わるはずもないし。

 

もともと内面を見つめるのは好きな方ではありましたが、最近は内面9割、外面1割くらいの割合になってきたんじゃないかというくらいに、自分の内面にお金とエネルギーを使うようになってきた気がします。

 

パート勤務では私服ですし、沢山の人に会う仕事なので、一応身なりは最低限整えますが、新しい服はあまり買わないし、必要ならば近所のしまむらへ行くか、裕福な人が多く住んでいる近辺の古着屋さんへ行って、質の良い古着を1000円位で買うくらいです。

 

それで十分だと思っています。

少なくとも、見た目に見栄を張るのはもともと興味もなく、清潔感のあるシンプルな服装をしていれば、ブランド物を着なくても大丈夫ですよね。

 

仕事で毎日履くシンプルなスニーカーは5000円くらい出せば十分に耐久性のあるもの(4年位もちました!)が買えるし、カバンはもうずーっと同じものを使っています。8年位かな。

 

かといって、見た目変かと言ったら、まぁ別に普通ですよね 笑

というか、今の時代、そこまでブランド物で着飾って華やかにする必要性がないです・・・。

 

 

こんなふうな地味だけれど、心は穏やかな質素な日々がけっこう気に入っているんですよね。

 

浪費していた頃よりも心がずっと幸せです。

 

私のおすすめ教材集

-心に優しい心理学